調理の専門学校って?

調理の専門学校は、学校によって学科が違いますが、おおまかに言えば、本気でプロを目指す方やパティシエ、開業したいという方まで食に関する様々な方が専門知識を学ぶ学校です。学科コースで通う期間も変わってきます。調理なら2年制、バリスタやフードコーディネーターは1年制など様々あります。

どんな人が通うの?

  • 料理が好きな人
  • バリスタになりたい人
  • カフェオーナーを目指している人
  • 自分のお店を持ちたい人
  • フードコーディネーターに憧れている人
  • パティシエになりたい人

調理専門学校で叶えるあなたの夢【プロの料理人へ一歩前進】

調理器具

料理人になるには

料理人になるには、まず料理の知識を深め、和食などいろんな料理のことを学ばなければいけません。料理人になりたいと考えている人の多くは、いつか自分のお店を持ちたいと思っていると思います。その場合は調理師免許の取得が必要になってきます。ですが、調理師免許は国家資格で、2年以上の実務経験が必要になってくるでしょう。飲食店で実務経験を積みながら技術を習得していくこともできますが、専門学校に通って一から学ぶのもおすすめです。

男女

パティシエも目指せる

調理の専門学校では、製菓について学べるコースもあります。進学を検討している方の中には、パティシエの夢を持っている人もいるでしょう。パティシエになるには知識を学んだり、技術習得をするために専門学校に通ったり、洋菓子店で働いて経験を積むことが大切です。本気でパティシエとして独立を考えているなら製菓衛生師などの有利になるような資格も取っておくと良いですよ。製菓衛生師の受験資格を得るには調理専門学校に通うか、実務経験を2年以上積むことが必要です。

女性たち

フードコーディネーターへの道も開ける

調理の仕事に就きたい方なら、フードコーディネーターを知っているでしょう。フードコーディネーターは、今は様々な業界で活躍が期待できます。特に資格は必要ありません。ですが、配置のセンスやバランス、演出の仕方や食に関する豊富な知識を身に付けておかなければなりません。独学でも学ぶことができますが、より良いサポートを望むなら調理の専門学校をおすすめします。フードコーディネーターのコースを設置している学校もありますし、独学では学べない幅広い知識や技術の習得が可能ですよ。

専門学校に通う3つのメリット

女性

専門的に学べる

有名講師や人気シェフなどの授業を受けられるので、より高い技術と深い知識を学べます。また実技指導も行っていますから技術の習得も早くなります。独学では学べない内容も多いですし、設備も整っているので集中して学べる環境が整えられています。

手厚いサポート

専門学校卒業後の就職サポートや、独立へのサポートを行ってくれます。ですから、右も左もわからなくて1人で不安と感じているならば、専門学校へ通うことをおすすめします。また、卒業後も独立をサポートしてくれる専門学校もありますから、困った時や不安な時に頼れることは心強いです。

海外研修プログラム

専門学校でも海外研修プログラムを取り入れているところもあります。ですから、海外で食に関する一流の技術を学ぶ機会があって、本場での経験があることは将来役立ちます。独学だとなかなか海外にいけませんし、働けるお店も限られてきますよね。ですから、しっかり海外の一流店とパイプのある専門学校に通うのはかなりのメリットです。