HOME>info>資格は必要?人気のバリスタについて探ってみた!

資格は必要?人気のバリスタについて探ってみた!

マシーン

誰でもバリスタになれるって本当?

バリスタは、資格がなくてもコーヒー好きであれば誰でもなれる職業です。ですがコーヒーの専門なので、コーヒーに関する専門知識を学ばなければいけません。また、おいしくコーヒーを入れるための技術習得も必要になってきます。今は、バリスタになるための専門学校もありますから、本気で学びたい人は専門学校やスクールに通うことをおすすめします。協会が認定している認定校がありますから、夢へ1步進みましょう!

ドリップ

バリスタのライセンスは取得できる!

バリスタに関するライセンスはいくつかあって、どれも取得を目指すことはできます。ですが、ライセンスを取得するには協会が実施している試験に合格しなければいけません。ライセンスは3段階に分かれていて初めて受験する場合はレベル1から始めましょう。独学で学ぶことも素敵ですが、それでは取得までに時間がかかってしまいます。スクールだと6ヶ月で取得できるところもありますから、今すぐにバリスタ技術を極めたい!と考えている方へおすすめですよ。

バリスタに向いてる人って?

コーヒー

コーヒーを愛している人

バリスタはコーヒーのスペシャリストですから、コーヒーに対して愛情を持っている人じゃなければいけません。コーヒーは、たくさんの種類の豆がありますし、産地や焙煎の仕方でも特徴が変わってきます。ですから、それらを熟知してお客さんの好みのコーヒーを淹れたり、気温や季節の変化、豆の状態に合わせたりしなければなりませんから、コーヒーを本当に好きな人でなければこなせない仕事なのです。

努力を惜しまない人

バリスタになるためには、コーヒーに関する知識や技術の習得が必須になってきます。ですから、コーヒーのことを勉強しなければいけません。基礎知識から焙煎の方法、淹れ方の技術など学ぶことは多いです。また、コーヒーの味の違いを覚えることも大切ですから知識や技術に加え、味覚や嗅覚などの五感もフル活用してコーヒーの事を知り尽くさなければいけません。そんな努力をしてでもバリスタになりたいと思えたら、あなたはバリスタの適性があるといえます。

接客が好きな人

接客は好きな人は、バリスタ向きです。コーヒーを淹れるだけがバリスタではありません。バリスタという言葉の元の意味は「給仕する人」という意味があります。ですから、お客さんと接して、その人が求めるおいしい1杯のコーヒーを提供することの喜びがあります。ですから、人が好き!という方はバリスタの素質を持っているということになります。